メニュー

軽作業派遣の採用お役立ち情報

2022.01.25

大手物流倉庫のアウトソーシング化
大阪における物流倉庫請負事例

大手物流倉庫のアウトソーシング化/大阪における物流倉庫請負事例
人材が不足しがちな物流倉庫で、
「現場をまるごと任せられる安心感」をご提供。
課題

倉庫の新規立ち上げで人手不足の問題が浮上

物流業者のお客様にて、日用品を取り扱う倉庫を新たに立ち上げることになりましたが、立ち上げ日までのタイムリミットが迫っており、採用業務に時間を割くことが出来ない状況。
また、人員を集められたとしても大勢のスタッフに仕事をレクチャーするノウハウがなく、即戦力ゼロの状態でオープニングの繁忙に対応できるかという不安もお持ちでした。
提案

請負(アウトソーシング)の形態を提案

人員配置、教育、納期管理、品質、安全衛生を当社がすべて請け負う「請負(アウトソーシング)」の形態をご提案。
当社が現場をまるごとお引き受けすることで、人員不足の解消だけでなく、採用活動や、労務管理といった業務時間はすべてカット。
また、現場に管理者を配置することで、現場スタッフへのフォローや、オープニングにおける想定外の動きにも、臨機応変な対応が可能に。
解決

募集段階から任せたことで管理工数の削減に繋がった

オープニングスタッフの募集から採用計画を立てる必要が無くなり、お客様は倉庫立ち上げに関する本来のコア業務に集中することが出来ました。
また、アドミックの管理者が現場に常駐することで現場スタッフたちが連携を取りやすくなり、急な物量増加にもスピーディーに対応。
立ち上げ以降も、状況に応じたスタッフ増員計画などすべてお任せいただき、お客様の管理工数の削減に大いに貢献しました。
ARCHIVES
TAGS